Windows版Audacityを使った実際の作業


使用するソフトウェア / 初心者講座 / もう少し使いこなすために
/ その他 // もどる

フリー(GPLを採用したオープンソース)のオーディオエディタ兼レコーダーAudacity(オーダシティ)の使い方や活用法について。Linux/Unix版やMac版もあるが、ここではvstプラグインが豊富なWindows版のみ扱う。

初心者講座の記事以外は、デジタル録音の初心者お助け講座に目を通してある前提で話を進める。録音関連の他の記事も軽く読んでおくとなおよいだろう。比較的操作の簡単なソフトを中心に選んである。このコーナーでは一般的な加工「方法」を扱うので、楽器別の処理などより具体的な加工「例」の記事はローコスト制作のソフト/音源/状況別の作り込みなどを参照。


使用するソフトウェア

Audacity(初心者は窓の杜経由で入手するとラク)のバージョンは1.2.3を用いて記事を作成した(VSTイネーブラのバージョンは0.1.3)。それ以外のバージョンでは動作が異なる可能性がある。MIDIの録音にはTimidity++を使った。

Audacityを使わずに外部からアナログ録音する場合はDNAさんのHDRecorderが便利(音飛びが発生しにくく、連続録音が容易で、録音レベルの確認も可能)。連続録音や長時間録音はHDRecorder、単発録音はAudacityなどと使い分けるとよい。

イフェクト用のプラグインとして、拙作のNyquistプラグイン(yp_effect)のほか、録音後の作業のページでも触れたclassicシリーズfreeverbmda-vstfish filletsシリーズと、Fraser's VST Plugins(本家サイトが閉鎖になっているので、We Love CubaseVSTなどから入手:VST Plugins Part2のページにファイルがある)のF_S_Compを利用する。

細かなイフェクトセッティングについては、録音のページで紹介したSound Engineeringのページトップミラー?)などを参考に、いろいろと試しながら詰めていくとよい。

ypptsサーバの調子が悪いときは、このリンクからyp_effectを入手して欲しい。


日本語化パッチとプラグインチェイナーによる拡張

がっぱいさんのAudacity v1.3.0 beta フォントパッチという日本語化パッチを当てると文字化けが解消でき、さらにVSTプラグインがGUIで利用可能になる(従来の設定画面も併用可能)。

筆者はフェーダーやテキストベースでの作業が好きなので2008年2月までパッチを当てないバージョンのみを使用していたのだが、プラグインチェイナーというVSTプラグインと組み合わせることで非常に便利な使い方ができることに気付いた(何故今まで気付かなかったのか自分でも不思議でならない)。

プラグインチェイナーというのは、複数のプラグインをAudacityの代わりに読み込んで次々に実行してくれるプラグインである。これによりたとえば、ローパスをかけてエキスパンダをかけてコンプをかけるといった作業を一括で行うことができ、vst-bridgeでは対応できないプラグインも使用でき、fxp/fxbというプラグインの設定(パラメータ)を記録したファイルも利用可能になる。

使わない手はないので、プラグインを使い込んでいるユーザーは特集記事をぜひ参照して欲しい(ただし、ある程度使い方に慣れた人向け)。上記以外のページでは、パッチを当てないAudacityを日本語表示で利用している。


バージョン情報

2012年3月のバージョン2.0から開発のメインストリームは2.x系に移ったが、バージョン1.4.6は波形編集ソフトとしての完成度が抜群に高いため、お好みで使い分けて欲しい。%Program Files%\Steinberg\VSTpluginsとsoftware\VSTのファイルを勝手に読みに行かないよう修正したvst-bridge1.1も用意した。


目次


初心者講座

Audacityの設定

Audacityの初心者お助け講座

お手軽イフェクト

カラオケファイルの作り方

ノイズ対策

音圧の稼ぎ方

ピッチ補正

真似するだけで(多分)できる録音(書きかけ)


もう少し使いこなすために

イフェクトソフトの紹介

ちょっと変わった活用法

もう少し複雑なイフェクト

イフェクトの順番と流れ

誤魔化すイフェクトの落とし穴

パンチング録音

定位の問題

プラグインチェイナー


その他

Nyquistプラグインを自分で書く

用語集

その他

どうでもいい話

Audacity以外のDTMソフト



もどる

自滅への道トップページ